初めての投資・資金運用|初心者のための投資セミナーの選び方

企業と投資家の架け橋

女性

ここ数年間の間で日本の資本市場は変貌を遂げています。日本の経営は調節金融へと移行しているので、資金の調達が非常に難しく、多様化していると言えるでしょう。そのため、個人投資家や外国投資家は存在感が大きくなっています。グローバルでボーダレスになっている現代社会において、情報はとても大事です。インベスター・ネットワークス株式会社は、企業と個人投資家と結び、円滑な情報交換を可能にしています。
インベスター・ネットワークス株式会社の代表的なサービスは、インターネットを使った「IRナビ事業」です。インターネットが普及して数年、ビジネスには欠かせないものになっています。企業や会社、個人投資家を結ぶ情報インフラとして、コミュケーションツールとして利用されています。このサービスは、後の「株なび」にも繋がっています。
インベスター・ネットワークス株式会社が「株なび」を始めたのは、2007年頃です。株を始めたい初心者の人や実績と経験が豊富な人にも、有益な情報を提供することが出来るサービスになっています。企業や会社から直接情報を発信することが出来ます。企業と個人投資家を結ぶ架け橋となっているのが、インベスター・ネットワークス株式会社の「株なび」です。この「株なび」のおかげで投資家は、積極的に投資をすることが可能になりました。また、メースマが心も登録者には発行しています。メールマガジンには最新の独自で収集した最新の情報を載せています。これからのインベスター・ネットワークス株式会社をより良くするために、利用者にはアンケートに参加してもらっています。そのため、個人投資家が求めるサービスを提供できるのです。